Brasserie Lloyd

記事一覧(47)

◎パブリックビューイング放映予定◎

日本が負け、ベルギーが勝ったことであまり好ましくない対戦カードとなってしまいました、、、月曜日は定休日ですが23時より営業します!日本とベルギーこの店はどっちを応援するのだろう?とソワソワするお客様もいらっしゃると思います。私は平日朝3時からのゲームを観に来てくれる人がいるのだろうか?ソワソワしています。ブラッスリーロイドとしましては、日本・ベルギーどちらを応援するお客様にとっても楽しい空間になるよう当日のサービスを下記内容に変更します。 ・日本がゴールしたら初陣柚子ブロンドを100mlサービス・ベルギーがゴールしたらヒューガルデンホワイトを100mlサービスそうです、ゴールが決まれば楽しくなっていくサービスにします。もし良い試合だったなと思ったらなんか出します!(気分次第)また皆様に1点お願いがございます。このところ日本戦はオーダーに追われ試合をほぼ見れておりません。ベルギー戦はどうしても見たいので、フードオーダーは試合前にお願い致します。 ◎放映スケジュール■6月30日(土)23:00 フランス vs アルゼンチン27:00 ウルグアイ vs ポルトガル■7月1日(日)23:00 スペイン vs ロシア7月2日(月)23:00 ブラジル vs メキシコ27:00 ベルギー vs 日本■7月3日(火)23:00 スウェーデン vs スイス27:00 コロンビア vs イングランド#sendai #brasserielloyd #belgianbeer #soccer #wc #w杯 #ブラッスリーロイドはサッカー日本代表とベルギー代表を応援します #写真はあいだをとってプリムス

以前、あるお店で頂いたこのビールが美味しかったから入荷を決めました、素晴らしいビールです!

・Triporteur from Heavenオリジナルモルトを4種類使用。コリアンダーを加えて燻したモルトとウィートモルトが独特の味わいを造り上げます。ヨーロピアンのアロマホップとアメリカンのカスケードホップを使用し、ドライホッピングも含め3段階でホップを投入しています。伝統的なホッピーエールを現代風にアレンジしたBOMのオリジナルブロンドエールです。・Triporteur Total Lossモルトベーカリーとしてのチャレンジが詰まったベルジャンブラックIPA。オリジナルモルトを3種類使用。厳戒の黒さまでローストしたモルトとウィーとモルトがユニークなキャラメル香を与えます。 ホッピーな飲み口ながら、複雑な香りももつIPAです。・Triportuer Bling Bling Imperial King名前の「Bling Bling」は日本語で言う「ギラギラ」や「豪華」を表す口語です。このビールのために焙煎したスペシャルモルトも「24カラットモルト」と名付けられています。色は名前の通りクリアなゴールデンカラー。4種のスペシャルモルトを使い、モルティーでしっかりとしたボディーと飲みごたえがありますが、ホップのアロマはトロピカルで高アルコールを感じさせません。スタイル、ネーミングともにBOM Breweryらしさが光るベルジャンゴールデンエールの新しい形です。BOM Brewery…ブリューマスター兼、モルトベイカーのBert氏は18歳からホームブリュワーとして醸造を始め、オルヴァル、ローデンバッハで経験を積んだのち、少しの間ブーン醸造所のセラーマスターとしても活躍。さらにセントベルナルデュス醸造所でブリューマスターとして働いていた際には、セントベルナルデュスアブトの60周年スペシャルエディションを発表、その後アメリカに渡りサワーエールでも有名なNew Belgium Brewingでも勤めた経験があります。ベルギーの中でも、新進気鋭の注目すべきブリュワーそしてモルトベイカーの1人です。メインブランドであるトリポーター‘Triporteur’はラベルに描かれているカート付きの三輪車のことで、ベルギーでは昔たくさんのブリュワリーがこの三輪車でビールを配達していました。現在はルーヴェンとハッセルトの中間地点、アレンの街にあるアンドレ醸造所でビール造りを行っていますが、モルトベーカリーはドイツ国境に程近い、ブレーの街に位置しています。バート氏はローデンバッハ醸造所が昔"乾燥場"でモルトを造っていた伝統的な製法に影響を受けて、自分でモルトを造る事にチャレンジします。現在ではさまざまに焙燥したり、スパイスや塩、オークなどを加えてローストしたモルトを自在に使い、ユニークで素晴らしい発想のビールを彼独自の感性で造りだします。